teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:名無し募集中。。。  投稿日:2016年 9月24日(土)17時05分33秒
  10月に共愛バザーあるよ

2016学園バザー

「今日、愛でもてなす」
-共愛バザーから世界へ-

日時 時間
10月1日 (土)9:00~16:00
10月2日 (日)9:00~15:00
 
 

Change!Yes,we can!!~Thanks高山~

 投稿者:名無し  投稿日:2009年10月26日(月)09時42分24秒
  Change!Yes,we can!!~Thanks高山~

今年も群馬パース大学の学園祭「流星祭」を開催します!
平成10年に群馬パース看護短期大学として高山村に開学以来、12回目の開催となります。
今年は、「流星祭with感謝祭」と題して、高山村の方々とのコラボレーション企画も満載。
紅葉真っ盛りの高山キャンパスへぜひ遊びに来てくださいね。
流星祭・感謝祭実行委員会一同、皆さんのお越しを心よりお待ちしております。

http://www.paz.ac.jp/college/news&topics/gakuensai.html

 

民主党党首、内閣総理大臣:小沢一郎

 投稿者:三瓶明雄  投稿日:2006年 9月23日(土)00時14分33秒
  民主党党首、内閣総理大臣:小沢一郎

幹事長:鳩山由紀夫[民主]
総務会長:菅直人[民主]
政調会長:岡田克也[民主]
国対委員長:渡部恒三[民主]

総務大臣:永田寿康[民主]
法務大臣:辻元清美[社民]
外務大臣:小和田雅子[民間]
財務大臣:亀井静香[国民新党]
文部科学大臣:清水聖義[民間]
厚生労働大臣:西川史子[民間]
農林水産大臣:増元照明[民間]
経済産業大臣:植草一秀[民間]
国土交通大臣:羽柴誠三秀吉[民間]
環境大臣:鈴木宗男[新党大地]
内閣官房長官:田中真紀子[民主]
国家公安委員会委員長:北芝健[民間]
防衛庁長官:福島瑞穂[社民]
内閣府特命担当大臣(少子化対策担当):田中康夫[新党日本]
内閣府特命担当大臣(拉致問題担当):志井和夫[共産]
内閣府特命担当大臣(五輪誘致担当):中川翔子[民間]
内閣府特命担当大臣(失業者対策担当):前原誠司[民主]
 

「パンツよこせ」はいていた下着強奪 (29) 見た人の数 → 3776

 投稿者:杉村太蔵総理大臣  投稿日:2006年 4月24日(月)16時10分23秒
  川崎市宮前区の路上で21日午後9時半ごろ、若い男が高校2年の女子生徒(16)がはいていた下着を強奪して逃走した。神奈川県警では下着マニアの犯行とみて、強盗容疑で男の行方を追っている。調べでは、男は近くの自宅に帰宅途中だった女子生徒に前から近づき、首をつかんで近くのフェンスに押し付けつつ「パンツをよこせ」と脅迫。強引にスカートの中に手を入れ、パンティーを一気に脱がせて奪ったという。女子生徒にけがはなかった。男は10代後半から20代前半で、身長約170センチでやせ形。黒っぽいズボンをはいていたという。

http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20060423-22512.html

 

 「性感染症の予防教育を」 県調査

 投稿者:加藤なつき  投稿日:2005年11月 1日(火)16時59分2秒
   性体験のある高校生の割合は、学校によって大きな格差があることが二十八日、県保健予防課が県内十校の生徒を対象に行ったアンケートで分かった。高校生の性体験率は平均15・1%(男子14・3%、女子15・9%)。特に女子は最も低い学校が4・2%、最も高い学校は43・3%と顕著な差がみられた。男子も6・5―26・9%に幅広く分布していた。調査は性感染症予防の基礎資料集めのため、初めて実施した。同課は「調査結果を踏まえ、高校生の実態に応じた性感染症の予防教育を考える必要がある」としている。

 調査は二〇〇四年度、県内十の高校で一部の学級、学年の生徒計四千六百九十人を対象に実施。全体の実態を把握するため、高校は地域性や進学率、共学・別学、普通校・実業校などのバランスを考慮して選んだ。回答した生徒の平均年齢は一六・三歳。

 同課は、性体験率の学校間格差について、調査対象の学校名が特定される可能性があるとして、詳しい結果を公表していない。ただ、「都市部や山間部といった地域性は、ほとんど性体験率と関連がみられなかった」としている。

 性経験があると回答した生徒のうち、過去に複数の異性と経験があったのは61・1%。五人以上と経験があった生徒も13・4%いた。また、経験のある生徒の24・6%は初体験年齢が十四歳以下だった。性体験の際、避妊の配慮をしているのは約七割、性感染症予防の配慮をしているのは約五割にとどまった。

 同課は「エイズの知識がある高校生でも他の性感染症についてよく知らないなど、これまでの予防対策には課題もある。効果を上げるためには、現実を見つめる必要がある」として、実態に即した予防教育の重要性を指摘する。

 同課の真鍋重夫課長は調査結果について「学校や保護者が想像する以上に、性行動の活発化、若年化が進んでいることが裏付けられた。性感染症の拡大を防ぐには、家庭、学校、行政などの総合的な取り組みが求められる」と話している。

 性感染予防などについて、県内の高校で数多く講演している産婦人科専門医の岡本栄医師(75)=伊勢崎市=は「学校によって性体験率には明らかな違いがあり、性教育の内容も学校ごとに変えないと十分な効果は期待できない。ただ性行為をしないよう教えるだけでなく、学校によっては避妊具の使い方などを具体的に説明する必要もある」と話している。

http://www.raijin.com/news/sat/news04.htm

 

県内高校生に「性」の意識調査(上毛新聞より)

 投稿者:王貞治  投稿日:2005年 4月26日(火)11時21分50秒
   家庭や学校生活での充実感の有無は性行動の開始時期に影響する? ぐんま思春期研究会が県内の高校生男女約5300人を対象に行った「性意識・性行動に関するアンケート調査」の分析結果が、24日までにまとまった。妊娠や性感染症への不安から「高校時代の性交渉」がわずかながら減った一方で、家庭や学校生活に満足感が得られない生徒ほど性行動の開始時期が早い実態が浮かび上がった。

 調査は、性教育のための資料を収集しようと二〇〇〇年に引き続き、今年一月に実施。対象となった約五千五百人のうち、明確な回答のあった男子約二千五百人、女子約二千八百人の結果を分析した。

 調査によると、「高校時代の性交経験」を容認する生徒は男子76%(前回比7%減)、女子76%(同4%減)と、ともに減少。

 容認の条件をみると、男子は「互いの合意」28%(同8%減)、「愛情が深まれば」25%(同3%減)の上位二項目が減少した一方で、「避妊や性感染症予防」19%(同12%増)が増加した。

 女子も「避妊や性感染症予防」が30%(同17%増)と倍増し、以下「愛情が深まれば」が26%(同12%減)、「互いの合意」が19%(同7%減)と続いた。

 性交経験率は前回調査と比べ男女とも全学年で低下。男子は一年15%(同3%減)、二年28%(同2%減)、三年45%(同1%減)、女子は一年18%(同2%減)、二年32%(同1%減)、三年38%(同4%減)。

 性交時に妊娠、性感染症が「非常に気になる」「少し気になる」生徒は男女とも八―九割。「非常に気になる」生徒は情報源として「病院・保健所」を挙げる比率が高かった。

 小、中学校時代の家庭を「楽しかった」と回答した生徒の場合、中学三年までの性交経験率は男子10%、女子7%。これに対し、小学校では「楽しい」と感じたが中学校からは「楽しくなかった」とした生徒の経験率は、男子21%、女子17%と二倍以上にのぼった。

 小、中、高校を通じて学校生活が「ずっと楽しかった」生徒の経験率は男子30%、女子28%、「中学校から楽しくなくなった」生徒は男子31%、女子38%、「ずっと楽しくなかった」生徒は男女とも42%と高かった。

 同会は「妊娠や性感染症への危機感の高まりが、性交渉を抑制する要因となっている」とする一方、「家庭や学校生活が充実していないと、性行動を早期に開始させる傾向がみられる」と懸念している。

http://www.raijin.com/news/mon/news04.htm

 

公立高校再編 進む共学化(上毛新聞より)

 投稿者:坂東香菜子  投稿日:2005年 3月24日(木)10時47分32秒
   県内公立高校の再編整備に取り組んでいる県教委は23日、沼田と沼田女、前橋商と前橋東商の統合や、太田東の単位制導入などを盛り込んだ2007年度から09年度までの高校改革(中期)の基本方針を明らかにした。全日制普通科の学区撤廃が予定される中、魅力ある高校づくりを進めて生徒数の確保や教育条件の充実を図る。02年度の改革開始以降、統合による男女共学校は沼田、沼田女で3校目、単位制導入は太田東で4校目となる。

 基本方針によると、〇七年度に前橋商とかつて同校の分校だった前橋東商を統合。「前橋商」の学校名を残し、同校の校舎をそのまま活用する。一学年につき八学級、全校生徒九百六十人となる見通し。

 〇八年度には太田東で単位制を導入。学年を撤廃し、卒業時に必要となる単位数を設定、生徒自身に履修科目を選択させる。具体的な科目は今後の検討課題だが「進学校としての特色を打ち出す」(県教委)方針だ。

 〇九年度は伝統校の沼田、沼田女を統合し、男女共学の新校を設置する。学校名は公募、現在の沼田の校舎を活用する方向で検討している。一学年八学級、全校生徒九百六十人を見込む。

 県教委のまとめで、改革を始めた〇二年度の県内公立高校の男女別学は二十三校(男子校九校、女子校十四校)、共学校は五十校。中期終了時の〇九年度には男女別学は十四校(男子校六、女子校八校)、共学校五十二校となる見通しだ。

 また、一学年が四―八学級の適正規模に満たない榛名、下仁田、松井田、長野原、玉村、板倉の六校には、新年度から地元自治体と連携した活性化協議会を設置。三年を期限に、対策を講じる。

 通学区の撤廃や少子化などの影響により、今後、都市部の高校への入学希望が増えることも予想され、県教委高校教育課は「高校改革によって魅力のある高校を整備し、人材の都市部への一極集中化を防ぎたい」と話している。

 県教委はこれまでに、〇六年度に開校する安中と安中実業の統合校の名称を「安中総合学園高校」と決定。来春入試から前期選抜に学力試験を導入、翌〇七年度に全日制普通科の通学区を全県一区とすることを決めている。

http://www.raijin.com/news/thu/news01.htm

 

オープンスクールの実施について(公式ホームページより)

 投稿者:林原めぐみ  投稿日:2004年 5月28日(金)10時05分3秒
  第1期生が入学し1ヶ月が経ちました。生徒は学校生活に慣れ、朝の元気のよいあいさつで一日が始まっています。
 本校では、このような生徒の学校生活を保護者や教育関係者、本校を志望している小学生やその保護者、地域の方々などに御覧いただき、、日頃の教育活動に対してご意見、ご要望を賜りたいと考え、下記のとおりオープンスクールを計画しました。 



1, 期   間

第1期  平成16年 5月24日(月)~ 5月28日(金)
第2期  平成16年11月 8日(月)~11月12日(金)

第1時限 8:55 ~ 9:40
第2時限 9:50 ~ 10:35
第3時限 10:45 ~ 11:30
第4時限 11:40 ~ 12:25
第5時限 13:10 ~ 13:55
第6時限 14:05 ~ 14:50

2, 参観方法


参観を希望される方は、必ず事務室(南校舎一階)で受付(8:40~14:30)をしてください。
参観は名札をつけて行ってください。
公開授業中の教室(会場)以外への出入りはご遠慮ください。
授業参観にあたり、授業の進行を妨げる行為等はしないでください。
授業参観はできる限り校時分(45分)を通じてご覧ください。
お帰りの際はアンケートにご回答の上、受付または事務室窓口に提出してください。
3,連絡先 

〒371-0003 高崎市新保田中町196番地 (電話027-370-4910 副校長まで)

個人で参観される場合、事前の申し込みは必要ありません。
4,諸連絡

駐車は北グラウンドをご利用ください。なお駐車場は手狭ですので、乗り合わせや公共交通機関の利用の協力をお願いします。
来校に際しては上履きおよび下足入れ(ビニール袋など)をご持参ください。
食堂は下記の時間に利用することができます。ただし、中等生および高校生が利用する時間帯は大変混雑します。できるだけこの時間を避けてご利用ください。
  食堂の営業時間 11:30~14:00
  生徒の昼食時間 12:25~13:30
オープンスクール(1回目)期間中の時間はこちら(http://www.chuo-ss.gsn.ed.jp/infomation/openschool.files/04openschool-scd.htm)をごらんください。

http://www.chuo-ss.gsn.ed.jp/

 

太田・英語教育特区校 プレスクール開校

 投稿者:山口智子  投稿日:2004年 4月 6日(火)15時40分30秒
   太田市が来年四月の開校を目指している小中高一貫の英語教育特区校「ぐんま国際アカデミー」(仮称)のプレスクールは五日、市立図書館中島こども分館(飯田町)で入校式を行い、特色ある英語教育が実質的なスタートを切った。

 入校式は新小学三年生、新年長児の各クラスごとに行われ、同アカデミー校長に内定しているユージーン・エリソン・クーパーさんは「プレスクールはアカデミー全体の授業の一部として、とても重要。私たち教職員一同は、ご両親の皆さまの期待に添えるよう教育の質を高める努力をしていきます」とあいさつした。

 入校式後、各クラスで早速、最初のレッスンが始まった。新年長児のクラスでは、子供たちが外国人講師の英語の説明に多少の戸惑いを見せながらも、教材を使って楽しそうに英語に親しんだ。長女を通わせる井野口理恵さん(37)=館林市大谷町=は「子供のころから、日本語と英語が区別なく話せるようになれば」と期待を込めた。

 プレスクールは新小学三年生六十一人、新年長児百十二人が、同アカデミーの授業にスムーズに移行できるよう、一年間にわたり基礎的な英語を楽しみながら学ぶ。
 

統合高は「藤岡中央高校」 (上毛新分より)

 投稿者:王貞治  投稿日:2004年 3月30日(火)10時42分10秒
   県教育委員会は二十三日、藤岡高校と藤岡女子高校を統合して二〇〇五年度に設置する藤岡地区新高校の校舎を藤岡市立石地区に新設することを決めた。新校名は「藤岡中央高校」となる。

 県教委によると、立石地区の選定理由として、(1)校舎やグラウンドの整備が可能な五・五ヘクタールの用地が確保できた(2)勉学やスポーツに適した閑静な環境(3)JRの駅に近く、通学に便利―などを挙げている。

 同校の設置場所に関して、県教委は当初、現藤岡高校の敷地内に校舎を新設する方針だった。しかし、昨年七月に藤岡市長と同市議長が新高校移転の要望書を知事と県教育長あてに提出。県教委と同市が話し合った結果、用地取得の協力や藤岡高校の跡地処分についての協議が整い、同地区への移転が決まった。新高校は〇五年四月、藤岡女子高敷地内の仮設校舎で開校。立石地区の新校舎は〇六年度の早い段階に完成予定で、完成後に仮設校舎から移転する。

 また、県教委は同日、藤岡中央高校と同様、高校教育改革の一環として〇五年度に開設が予定されている新高校の校名を決めた。伊勢崎東高校と境高校の統合校を「伊勢崎高校」、伊勢崎女子高校の改編校を「伊勢崎清明高校」、太田西女子高校の改編校を「太田フレックス高校」とした。

 校名は昨年十一月に公募を行い、各校がつくる校名選定委員会を経て同日の教育委員会に提案された。県議会九月定例会に条例改正案を上程、正式決定となる。

http://www.edu-c.pref.gunma.jp/gakko/kou/fujijyo/

 

レンタル掲示板
/4